IMG_猫food

無添加キャットフードならインターネットで


昨今自然派化粧品やオーガニック食品がブームになっています。
小さいお子様やご年配の方にもオススメしたい無添加食品ですが、最近はペットにも与えられる方が増えています。
今回はそんな無添加ペットフードの中でもキャットフードについてお伝えしたいと思います。
私は娘が生まれてからマクロビオティックに目覚め、無添加食品やオーガニック野菜などにハマっているシングルマザーです。
娘が生まれると同時に猫にもそういったエサ(無添加キャットフード)を与えるようになっていきました。
キャットフードやドッグフードをよく購入される方ならご存知だと思いますが、ペット食品には多量の添加物が入っていることが多いです。
主に保存料や発色剤などですが、人間が美味しそうに見えるだけでペット自身には不要なものです。
私はずっと昔からペットは見た目を気にしないのに何故添加物を入れる必要があるのだろうと疑問に思っていました。
しかも犬や猫は人間より嗅覚が鋭いのです。添加物の味や匂いは不快極まりないと思うのです。
なので私は無添加フードに切り替えました。
すると猫たちに少しの変化ですが、よい兆候が現れ始めました。
うちの猫は高齢で今年17歳を迎えるおばあちゃん猫です。
なのでもう前歯がなく、ウェットフードしか食べられませんでした。(無添加フードはそういった高齢の猫にもオススメです。)
毛並みもあまり良くなく、パサつきが気になっていました。
どことなく食欲も落ちてきていて、もしかしたらこのまま虚弱体質になって寿命かなと諦めていたのです。
ですがエサを切り替えてから目に見えて元気になってきたのです。


まずは食欲が日に日に戻ってきました。今ではエサを四六時中欲しがるくらいになりました。(それも少し問題アリですが。)
しっかり食べるようになると毛並みも良くなっていきました。
うちの猫はグレーなので毛並みが良くないと本当にボサボサに見えてしまうのでこれは本当に良くなって嬉しかったです。
今では完全に雑種なのに、アメリカンショートヘアーやロシアンブルーが入ってるのですかと聞かれるほどです。(うちの猫は犬みたいな性格なのでよく通りすがりの人に可愛がられていて、そういった方に聞かれるのです。)
前歯がなくてウェットフードしか食べられなかったはずなのに、食欲が旺盛になるとカリカリごはん(ドライフード)も食べられる様になったのです。
外見もふっくらとして毛並みも良くなり、以前は野良猫のようにみすぼらしくなっていたのに、今ではブランド猫のようになってしまいました。
嬉しい変化ではありますが食欲が旺盛になりすぎてどうやらよそのお宅でももらっているようでなんだか近所の方に申し訳なく、少し肩身が狭い思いです。
ですが猫が元気になったことは本当に嬉しいことなので私のように高齢の猫を飼っている方には是非知っておいていただきたい情報です。
なんだか元気がない、毛並みが悪くなってきたなど多分病院に行けば原因も分からずじまいなんてことが多いと思います。
そんな時はいつも食べているごはん(エサ)を無添加フードに切り替えてみることで何か変わるかもしれません。
うちの猫は元気になりすぎて後五年は生きそうです。
高齢猫のこれからがまだまだ楽しみです。

MENU