IMG_猫food

いつも使っているキャットフード・おやつについて


可愛い愛猫の為に、キャットフードやおやつには充分気を使っています。
猫というものは好き嫌いがあるものです。
それと、体質的に受け付けないキャットフードも存在するようです。
出来るだけ猫がしっかりと食べるようなもの、それでいて体に合っているものを選ばないといけません。
色々試してみると、一番良いと思ったものは全部平らげてくれます。
美味しい為か、何度も何度も催促してくるその姿は、本当に可愛らしいものです。
もし、あまり食べてくれないものでも、ちょっとした工夫で食べてくれる時があります。
ちょっと安い餌でも、猫用の鰹節を掛けたり、猫用のちょっとしたオヤツを混ぜると一緒に食べてくれます。
時々除けて、鰹節やオヤツだけ食べている時はありますが…。
ご飯の時間以外は週1と決めているおやつ以外、決して上げません。
なあなあで上げてしまうと、逆に体罰になってしまうような気がするからです。
1回のご飯で食べきれない仔も居ます。
そういった場合は良いのですが、あればあるだけ食べちゃう仔の場合は気をつけなければなりません。
愛猫は見かけによらず一回の食事が少ない仔なので、水だけはこまめに取り替えてあげます。
ご飯は時間までに大体食べきりますが、ご飯の時に食べ切れなかった物は取り替えてあげます。
やはり時間が経つと美味しくないかと思います。
時々、人間の方の食事を作るのに手間取って、お腹空いた、お腹空いたよ~と催促してくる時があります。
その時は本当にごめんなさいと思いながら、食事をささっと用意してあげます。
催促してくる時の鳴き声はとても可愛いのですが、健康の為にも出来るだけ聞かないようにしないといけません。


おやつはご飯に混ぜる時には上げません。
おやつばっかり取ってて太くなってしまった時期があるからです。
栄養はキャットフードで全て取れていると思っています。
なので、ちゃんと食べた時のご褒美でおやつを上げるようにしています。
勿論、全て猫用のおやつです。ただ上げるだけでは面白味が無いので、ダッシュさせたり、箱の中に隠したりして遊ばせながら食べさせます。
鼻をクンクンさせて探したり、目の前にあるのに取れないと必死な姿は本当に可愛らしいものです。
ですが、絶対に手出しはしません。
犬と猫と間違えていると思われるかもしれませんが、私は家族だと思っているので、扱いは一緒にしています。
それで嫌われる事はありません。
オヤツは結構高い物を選んでいますし、オヤツの時以外の遊びもしっかりしています。
猫が好きな所で寝かせ、時間がある時は猫が好きな時に遊びます。
私はオヤツを上げるだけ上げさせて太らせて運動が出来なくなる方が、猫にとって一番悲しい事だと思っているからです。
確かに野良猫で一番太っている猫がボス猫です。
でも野良猫はいつ食べられるか分からないし、家猫はいつでも食べられる。
ご褒美を毎日上げていたら、それが習慣になって、キャットフードよりオヤツを寄越せってなってしまいます。
棚の上にあっても、猫の脚力では取られてしまう可能性もあります。
ドアの先に隠していても、猫はとても頭が良い動物ですので、開けられてしまいます。
愛猫はドアを開けるのが上手ですし、蓋も開けてしまいますので、オヤツがあっても自ら食べないように躾けています。

MENU