IMG_猫food

太らせないキャットフードの与え方[質と量]


みなさん大好きなネコちゃんですが、ついつい可愛がり過ぎてえさのキャットフードを与えすぎちゃうことありませんか。
ネコちゃんは何もしていなくても、何かしていても常に私たちに可愛らしさと癒しを振りまいてくれるおそらく世界で一番かわいいペットなんですが、あんまり太らせちゃうと健康に悪影響なのでできるだけ太り過ぎは避けてネコちゃんと一緒に楽しく幸せなキャットライフを送りたいですね。
多くの方はえさ入れにキャットフードをどしゃっと入れて与えると思いますが、それだとネコちゃんが食べちゃうキャットフードの量がちょっと多いんです。
えさ入れに入れた分だけがつがつ食べちゃいますし、ねだられたらその分与えちゃいますよね。
それを続けていると肥満体質なネコちゃんになっちゃいますので、キャットフードの与え方を変えてあげて、かつ、あなたにとっても幸せなえさやりの方法があるんです。
それは、あなたの手のひらから直接ネコちゃんにえさを与えてあげる方法です。
こうするとネコちゃんにあげるえさの量も調節できますし、あなたとネコちゃんの交流もできて信頼関係も築けるのでネコちゃんと過ごす時間も増えて幸せ2倍増しです。
そうはいっても忙しくてネコちゃんに直接えさやり出来ない場合もあると思いますが、そういうときは少し少なめにキャットフードを上げるようにしてください。
量が足りなかったらお腹がすきすぎてかわいそう…と思うかもしれませんが、最近のキャットフードは栄養満点なので上げ過ぎると逆に健康を害してしまうんです。
あなたの大好きな大切なネコちゃんにはいつまでも元気でいてほしいですよね。
せめて休日だけでもあなたの手からえさをあげていっぱいネコちゃんを愛でてあげて下さい。


さて、ネコちゃんは一日にどれくらいご飯を食べるのかというと、お家の中だけで生活しているネコちゃんの場合「体重×70~80kcal」が理想です。
前に私の実家にいたネコちゃんは体重が4kgと既に太り目でしたので、4×75kcalで300kcalくらいが適切なえさの量と言いますか、カロリーです。
これは量で言うとネコ缶1缶(160g)で450kcalくらいはあるそうです。
なので、ネコ缶一つあげちゃうと一日分のカロリーは十分に足りてしまうわけです。
一日にネコ缶を3つも上げたら、でぶねこまっしぐらです。
キャットフードって結構栄養あるんです。
カリカリのえさも量を食べさせるとかなりカロリーがあるので、家ネコは太りやすいんです。
家ネコだとなかなか走り回らないので運動不足になり、その分栄養をどんどんお腹に蓄えちゃって気づいた頃には大変なことになるんです。
太らないネコちゃんの育て方をあげるとしたら、やはり子猫の頃からえさやりを教えてあげることが一番です。
生後しばらくは必要なカロリーが多いのですが、そのままおとなネコになっても同じ量のえさをあげていたらふとっちゃうので、おとなネコになったら与えるカロリーを減らしてあげないといけないんです。
ネコちゃんやっぱりかわいいので、おとなネコになってもえさのカロリーを減らせずに生後すぐに与えるカロリーそのままにえさをあげ続けちゃうとお宅のネコちゃんがどんどん肥満体質になっていきますので十分に気をつけてあげて下さい。
ネコちゃんの健康とかわいらしさは飼い主のあなた次第です。
ぜひ幸せなネコちゃんライフを送って下さい。

MENU