IMG_猫food

猫の体質によってキャットフードで下痢を起こすので気をつけましょう


皆さんは、猫のキャットフードを与えて下痢になってしまったという経験はありませんか。
猫が食べるキャットフードによっては、体質やキャットフードに含まれる添加物によって、猫に下痢を起こさせる可能性があります。
わたしも2匹の猫を飼っているのですが、1歳に近い頃のことです。
たまたまいつも与えていたものを切らしてしまいました。
いつものとは変えて、スーパーで某有名メーカーのキャットフードを買って与えました。
そのときは、いつもどおり猫は喜んで食べてくれました。
しかし、しばらくすると2匹両方が下痢になってしまいました。
病院ではどういうエサをあげているのか聞かれました。
それで、そのキャットフードの商品名を言うと「それは添加物が多くて良くないんだ」と言われてしまいました。
食べても問題がない猫が多いから販売されているのでしょうが、まだ小さい猫にはどんな餌を与えるのか注意が必要だったようです。
また、小さい元気な子猫はあげただけの量を食べてしまいます。
いっぱい食べ過ぎても下痢になるおそれがあるようです。
ですから、飼い主さんがきちんとカロリー計算をして一日に必要な量を超えないように与えるようにしてあげなければいけないようです。
キャットフードは特売でたまに値下がりしていることがあります。
そうした場合、猫を飼っている人はついつい買いたくなって、常用のとは違うものを買ってしまって失敗したという経験は多いと思います。
わたしの友達にもいます。
2週間ほど前に特売に誘われてキャットフードを変えたら、便が柔らかくなって下痢になって しまったそうです。


しばらく様子を見ていたら、血便が出たので獣医に連れていったそうです。
ただの下痢とのことで、治すための注射とお尻をズルので肛門の処置をしてもらって帰ってきました。
様子を見て大丈夫そうなので、もう一度同じエサにしたら軟便ではありませんが、またお尻をズルようになりました。
ですからそれ以来またもとのエサに戻したそうです。
猫でも犬でも、その個体差で合うフードと合わないフードというものがあります。
また その個体差で何を食べても大丈夫だというペットもいれば 特定の銘柄でないとダメなペットもいます。
たいていは合わないと下痢をしてしまいます。
ですからそういう胃腸が敏感な猫には、エサを与える人間としても気をつけてあげなければいけません。
今では専門のお店では、胃腸が弱いとか、体質改善のフードも販売されています。
これらの体質改善とか胃腸改選などと言うフードは病院が扱っている事もおおいです。
今の時代は、ペットフードの種類が多く販売されています。
買う側としては、どれを選べば自分の猫に合うものか見た目だけでは分かりません。
確かにどのメーカーの餌も同じように見えますが、実際に使用されている原材料やその分量などはメーカーによって違います。
もちろんトータル的なカロリーや栄養分も違ってきます。
餌については、その猫それぞれ違った体質がありますので、色んなメーカーを試されるといいかと思います。
あと特定の物にアレルギー反応が出る猫もあります。
そういった猫の場合は、お医者さんに行って診断されるのが一番安心です。

MENU